東京アラートとは?発令される基準は?

東京アラートとは?発令される基準は?

東京アラートとは何か

東京アラートとは、東京都内のコロナウィルス感染者数が増加し、状況が悪化した場合に都知事(投稿時点:小池百合子氏)発令され、都内在住者・在勤者へ警戒を呼びかけるためのもの。

東京アラートが発令される基準は?

東京アラートの発令基準(目安)は以下の通り。

1.新規感染者数 20人未満

2.感染経路不明の割合 50%未満

3.感染者増加比率 1未満

この3つの目安となる基準を上回った場合、その他指標も含めて勘案し、必要と判断した場合に都民に呼びかける「東京アラート」が発令される。

東京アラートの現状について

東京アラートの目安となる発令基準を超える日が続いていますが、都知事からのアラート発令は発生していません。

明確な基準ではなく、あくまで「目安」だからといえますが、日々確実に、新規感染者が増加している現状を踏まえて考えると、近日中に何かしら都民全体に警笛を鳴らすための策が施工されるでしょう。

その時に注意力を高めるのではなく、アラートが発令される前から意識高く感染拡大を防ぐための防衛策を個人でも検討すべき状況にあります。

都内を赤く染めることのないように都民一人ひとりが意識を高めて行動していくことで東京アラート発令を防いでいきましょう。